So-net無料ブログ作成

懲りないお知らせ [日常]

いろいろと考えることがあって、ブログを別のドメインで
再開することにしました。今度は時間があるときに気楽
に書いていくつもりです。こっちのサイトは母の記録を
少しずつ書いて予定通り終わりにしますが、気分的な
問題もあって、なかなか筆が進みまないのが正直な
ところです。

もし駄文にお付き合いいただける方は

http://npng2013.blog.so-net.ne.jp/

をごらん下さい。4月12日の母の誕生日から、また始め
ました。いつまでも落ち込んでいられないので。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

胆道癌闘病記始め、及びブログ閉鎖のお知らせ [日常]

1月12日(土)午後9時30分、約1年半の闘病の甲斐も虚しく
胆道癌により実母は永眠しました。享年72歳でした。

最後を看取れたのは幸運だったかと思います。ドラマのように
心電図で波が直線になるところに立ち会えました。

今まで色々な方がこのブログを訪問して下さったことに感謝
致します。時にはそれがきっかけで直接知り合う機会ができ
ました。しかしブログ本来の目的がアメリカ留学中、私を心配
する母への日常報告であったため、メインの読者がいない今、
その役割を終えました。

ただ母の闘病生活中、色々なHPやブログで胆道癌に関する
知識や経験談を読むことが出来、個々の状況は違うものの
大変参考になりました。私も微力ながら自分の体験を綴る
ことにより、同様に不安を抱えている人の参考になれればと
考えます。また母との思い出を書き留めることで彼女への
供養になればと思います。

従って2011年6月から2013年1月までの治療、母の様子を
少しずつ書き留めて、このブログを閉鎖することにします。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

日本緊急帰国時の航空券手配 [日常]

調べものの備忘録です。

家族の不幸などで緊急帰国するとき、正規運賃で航空券を
買わないといけないものだと思っていたけど通常救済処置
があるようです。

まずその前に保険。AIUより緊急一時帰国費用が対象となる
オプションがある模様。

緊急一時帰国費用

ただし駐在にしても留学にしても1年までとなってる。家族
プランもないので、個別対応になるのか?

その保険に入ってない場合で緊急でチケット手配をするとき。
米系の航空会社だとBereavement Fareという運賃が適用
されるとのこと。直接電話で航空会社に問い合わせる必要あり。

たとえばデルタ、日本語のサイトあり。電話でも日本語サポート
があった。

ビリーブメント運賃

そのほかの航空会社の有無。

Which Airlines Offer Bereavement Rates?

もちろん日系の旅行代理店でもチケットを手配してくれるけど
上のビリーブメント運賃より安いか高いかはケースバイケース
の模様。

また日本語で参考にしたサイト。

日本の不幸に備えて
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

明けましておめでとうございます [日常]

遅くなりましたが明けましておめでとうございます。
アメリカだと今日1日が終わると完全に平常営業に
逆戻り。実際学校職員も2日からの出勤が義務づけ
られています。

もっともそれを主張するのなら、12月23日以降職場の
公式なカレンダーに基づき、休みが欲しいのですが、
ラボのカレンダーにそんな休みは存在しません。

懸念されていた財政の崖、暫定的だけど回避される
方向に調整されてるみたい。アメリカのメインな考え方
だと金持ちを増税するより、もたせてお金を使わせて
巡らせたほうが経済によいと考える。確かに使って
くれるのはいいんだけど、個人的にそのお金が中間層
に回らずにまたお金もちに戻っている感じがするん
だよね。この景気で彼らの支出そのものも減っている
感じもあるし。ただこれらはデータを見ている訳では
ないので、確かじゃないですが。

この不公平感を打開するには、自分がそっちの層に
いくしかありません。もっともそっちの層に移る術を
持ち合わせていませんが。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

007、Skyfallを観ました [日常]

気分転換に夜、映画を見に行きました。友人が見て
いいと言っていた007のスカイフォールを遅らばせな
がら観ました。ルイビルに行って初めて映画館で映画
鑑賞だったけど、ネットで調べたらアパートから5分も
しないところに映画館があるのを発見してびっくりしま
した。さらに映画館の席はどの席も皮の椅子で、ゆり
かごのようにゆらゆらしてリラックスして見れる代物。
コロンビアの時もそうだったけど、映画館の進化って
すごいです。たまにしかいかないせいもあるけど。

で映画ですが、まず英語、しかもイギリス英語だと
どうもうまく聞き取れませんでした。部屋に戻って
日本語のネタばれを読み直してストーリーを追いなお
しました。それほど007シリーズを観ているわけでは
ないけど、本作品は気に入りました。最初のシーンで
ボンドが撃たれるのですが、高いところから落っこちて
も何故か死なないところが、ボンドたる所以です。
撃たれてさらに水のあるところに落ちたら、出血は
止まらないと思うのですが(笑)。

あとは珍しくMがたくさん出ています。世代交代のため
でしょうか。エージェントは若い人の仕事、としてボンド
も引退をそそのかされますが、そもそも歴代のボンド役
ってそんなに若い人が演じていたんでしょうか?

なんでスカイフォール?と思ったんだけど最後の決戦
の場で、ボンドが小さいときに過ごした場所、ということ
で納得しました。わざと追跡させて、敵を誘き寄せるん
ですね。最初タイトルを見て、勝手に自分はボンドが
スカイダイビングでもして敵と戦うのかと思ってましたが、
まったくの見当違いでした。

あとなんで最後Mが息をひきとるかわかりませんでした。
そんなに受けた傷がひどかったんでしょうか?まぁ上述
の通り、世代交代のためなので、いいんでしょうが。

これだけ読むと本当にいい映画だったの?と思われそうで
すが、あくまでも個人的には好きです。ただアクションを
期待していると、冒頭のシーンがピークで後はそれほどでも
ないかも。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。