So-net無料ブログ作成
2016年01月24日| 2017年07月13日 |- ブログトップ

1月12日、母の人生最期の日その3 [2012年12月末、最後の2週間]

期間はかなり経ちましたが、完結するために書き留めます。

医師の所見により亡くなったことを確認。母の身体はすぐに霊安室にすぐに移送されたが、医師が来る前だか来た後だったか、看護婦さんが電極や装置を外す際、母の顔や見える肌の部分もきれいにしてくれたことを記憶している。彼ら本来の仕事でないが、その心遣いには素直に感謝した。

大きな病院には葬式の手配などする人が24時間待機している。病院が連絡するとすぐに担当者がきた。ぶっちゃたけた話、病院側も遺体をいつまでも安置しておきたくないんだろう。一方で葬儀屋の担当者も仕事とは言え大変だと思う。いつビジネスが来るかわからないしいつも黒い服を着ないといけないし。

ただ葬儀を行う側としては、ちょっと前に身内を亡くしたのにすぐに話をされても金銭的に冷静な判断をするのが難しい。デフォルトはこれで、金額はこれだけで済みます、とは言われても後でわかるがそれで終わるわけではない。オプションが沢山有るのだが、向こうもビジネス営業攻勢をかけてくるのが常。私の母は決して大きな葬儀を希望していたとは思わないが、結果的には出席者数の割に立派な葬儀となってしまった。自分の時は生前に契約しておいて、最後にバタバタして身内に迷惑をかけないようにしよう、と心から思ったことを覚えている。

希望の葬儀場が開かずすいぶんと待たされたが、その間母は数日家にいることが出来た。1月13日か14日には東京で雪が降ったかと思う。自宅の庭の外に積もった雪が綺麗だったことを記憶している。

葬儀はいわゆる滞りなく進み、終えることができた。ここ数日ほとんど寝ていなかったが、いまいち眠につけなかった。それでも仕事なのでアメリカに一度戻る手続きをし、航空チケットを手配した。このときデルタ航空にはよくしてもらったことを書き留めておきます。

それと49日の法要にも弾丸で帰国しました。2泊4日だったかな。それでも最後まで見届けることができたのはせめてもの救いだったかと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
2016年01月24日| 2017年07月13日 |- ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。