So-net無料ブログ作成
検索選択

1月12日、母の人生最期の日その1 [2012年12月末、最後の2週間]

昼間でかける用事があったので、夕方4時前になって
病院に行くと、すでに母は個室に移されていた。先に来た
親戚が「家族の方はいらっしゃらないですか?」と先生
が探していたことを教えてくれた。自分が着くと、ちょうど
先生と父が話し始めるところだったので、自分も参加した。

結論から言うと、今日か明日が山です、とのこと。
説明として、急にさらに状態が悪くなり、内出血や紫斑
が見られるようになったこと。そして前日より尿が減り
(~100ml)、恐らく腎不全が起き、実際血中のカリウム
濃度が7Eq/Lを超えていた、とのことだった。

ちなみに7を超えるカリウム濃度が心停止を起こしかねない
危険な状況であることは素人でも知ってる。生理学やれば
これが心筋にとってどんなにまずいか分かるし、そうでなく
てもドラマとかで塩化カリウムの静脈注射で殺人、という
シーンはかなりの人が見たことあるはず。ちなみに以下注釈。

カリウム濃度の異常

初期の心電図変化はカリウムが5.5mEq/Lを上回ると生じ,QT間隔の短縮および高くて左右対称性の先鋭的なT波を特徴とする。カリウムが6.5mEq/Lを上回ると,結節性および心室性の不整脈,QRS幅の拡大,PR間隔の延長,P波の消失がみられる。最終的に,QRS波は変形して正弦波パターンとなり,心室細動または収縮不全が起こる。

実は恥ずかしい話、先生の話を途中まで聞いて頭が
真っ白になってしまった。わざわざ自分のためかこれら
の症状を何とか症候群とか説明してくれたけど頭に入らず、
さらに全てをわかっていないのに「わかりました」と答えた
自分がいたから。こんなこと今までなかった。

慌てて個室に入って母に会った。顔がまっ黄色で黄疸
がひどかった。時折普通の呼吸に戻るときもあったが、
ほとんどがいわゆる顎で呼吸していて、苦しそうだった。
意識が戻って会話できるかどうかも、かなり怪しかった。

長くなったのでその2に続く。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。