So-net無料ブログ作成

局所進行性胆道癌に対する外科手術の可能性 [2011年6月、1回目の入院]

どこのサイトにも書いてあるが、胆道癌根治には外科手術が
不可欠。母の場合、残念ながら局所進行性胆道癌のため、
手術対象とならなかった。

記憶が正しいのなら、担当医の説明は肝門部胆管癌で
癌が肝臓や門脈などにも浸潤している可能性が高いという
ことだった。癌により胆管が狭窄され、胆汁が十二指腸に
行かず、逆流して血液中に流れ込み、結果黄疸が出た
(閉塞性黄疸)という説明だったと思う。正確には肝臓で
代謝されたビリルビンが胆汁逆流により血液中で増加
したため目の白めや肌で黄疸が出たということ。血液検査
ではT-bill(総ビリルビン)の値が上がっていたはずがだけど
手元にそのときのデータがない。もらったのか、もらってない
のか?

黄疸とは
総ビリルビン(T-Bill)

実際は抗癌剤で治療する前に、黄疸軽減のためにドレナージ、
そして胆管にステント留置があったけど、このことは次回以降に
触れることにします。

さて、母を担当してくださった先生は、日本肝胆膵外科学会が
認定する肝胆膵外科高度技能専門医であったが、あきらめきれ
ず、セカンドオピニオンを聞くことにした。自分の場合、アメリカで
長く開業されていて、大変お世話になった先生が帰国されていた
ので、画像を持ってセカンドオピニオンを聞きにいった。しかし
残念ながらその先生も同じ意見にたどりついてしまい、母は抗癌剤
による治療(=延命のみ)を納得せざるえなかった。

それでも悔しくてアメリカの事例を調べたが、アリゾナやロチェスター
のMayo Clinic(有名な病院)、アトランタのEmory大学病院では
放射線や化学治療と肝臓移植で従来手術適用外だった進行性
胆道癌を治療し、劇的に成果があげていることを知った。

マヨクリニック
Liver Transplant for Bile Duct Cancer Improves Survival
イモリー大学
Liver Transplant Cholangiocarcinoma Treatment

この手術法に関する文献(英語)
Liver transplantation for cholangiocarcinoma
Liver Transplantation with Neoadjuvant Chemoradiation is More Effective than Resection for Hilar Cholangiocarcinoma
Prolonged disease-free survival after orthotopic liver transplantation plus adjuvant chemoirradiation for cholangiocarcinoma

日本でも出来ないか?と考えたが、日本では胆道癌に対して
肝臓移植は適用外ということを知った。アメリカに母を連れて
いくことも考えたが、法外な治療費などを賄える余裕が自分に
あるわけでなく、さらに行ったとしても移植可能なドナーが現れる
かどうかの問題もあったため、現実的な選択肢ではなかった。

日本では自分が知る限り、東北大のチームが胆道癌に放射線
を使い、術後の予後を改善させた報告をHPで見つけた。また
京大のチームは胆道癌治療に放射線を使った例を報告していた。
そこで一応担当医にも放射線治療の可能性を尋ねたが、積極的
ではなかった。

胆管癌
進行胆管がんの術前化学放射線療法
胆管癌の術前放射線化学療法で生存期間が延長する可能性
胆道癌に対する放射線療法

こうして自分自身も現実の選択肢を受け入れることに納得せざる
を得なかった。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 2

よしみ

お母様の闘病記の所からですが何度か読ませていただきました。辛かったお気持ちが伝わり私には母親の立場から子供達の気持ちを伺うようで優しさで胸が一杯になりました。
私はアメリカで胆嚢炎の手術から癌が見つかり胆嚢癌になり現在抗ガン剤治療中です。
この後、転移が無ければ再手術を行う予定です。
誰もがそうですが初めてのガンに戸惑っていて検索を繰り返すうちにこちらのブログを拝見できました。英語も出来ないのでリンクなどとても参考になります。
本当にありがとうございます。
by よしみ (2017-05-31 14:32) 

npng2000

>よしみ様、

コメント有難うございます。また返信が遅くなり申し訳ありません。

まずよしみ様の状態が現在寛解に向かって少しでもいい方向に向かっていることを心よりお祈りしています。

当時私は勿論医師ではないものの、少しでも情報を得て彼らと対等に話すべく努力していました。医学は日進月歩なのでこれらの情報が最新とは言い難いですが、少しでもお役に立てたら幸いです。

最後にあらためてよしみ様のご健康が回復されることをお祈りしています。
by npng2000 (2017-07-11 03:00) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。